売り先行と買い先行どっちがいい?住み替えで後悔しないためにやるべきこと

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

住み替えを検討する際、家を売りに出すのが先か、買うのが先か迷いますよね。

売り先行」「買い先行」の特徴を知り、自分に合う方法を選択したいものです。

今回は、売り先行と買い先行のそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

家の住み替えで後悔しないための方法もご紹介しますので、最後まで必見ですよ!

売り先行のメリット・デメリット

売り先行とは、先に家を売ってから新居を買うことを指します。

堅実に住み替えしたい人や、まだ住宅ローンが残っている人におすすめの方法です。

新居が見つかるまでは仮住まいが必要になり、引越しに伴う費用や手間がかかります。

メリット
・売却計画がたてやすい
・売却金を新居の頭金にできる
デメリット
新居が見つかるまで仮住まいが必要

買い先行のメリット・デメリット

買い先行とは、先に新居を買ってから家を手放す方法です。

一生涯住みたい家を探す場合など、じっくり新居を選びたい人に適しています。

家を空き家にした状態で売却できれば、次の入居者が内見できるメリットがあり高く売れる可能性があります。

既に住宅ローンを組んでいる場合には新たに住宅ローンを組む必要があり、審査も通りづらく、通ってもダブルローンのため負担が大きくなります。

仮住まいの必要はありませんが、家がすぐ売れるかが不安の種となるでしょう。

メリット
・じっくり新居選びできる
・仮住まいしなくて良い
・家の売却額を比較的高値に設定できる
デメリット
・家がいつ売れるか分からない
・金銭的負担が大きい

住み替えで後悔する前にやるべきこと

家の住み替えを検討しているなら、知っておいた方がいい情報があります。

実は、2021年4月の中古物件の売れ行きが過去最高を記録しました!

以下は首都圏中古一戸建ての成約件数と前年同月比の推移を示したグラフです。


出典:ダイヤモンド不動産研究所

今査定に出すと、もしかしたら想像より高い金額で売れる可能性があります。

1社だけに査定に出してしまうと、査定額で大損してしまうかもしれません!

「売り先行」「買い先行」どちらの方法をとるかに関わらず、イエウールで査定依頼して、今住んでいる家の価値を知っておくことをおすすめします!

不動産の査定額を1番かんたんに知れる方法

家の価格を調べるといえば、まずは不動産屋へ直接出向き査定を依頼…というのが一般的でした。

しかし、今やスマホで簡単に査定依頼できます。

それが、

イエウール』という今、日本で一番使われている不動産一括査定サイト。

イエウールが凄いのは「全国1,900以上の不動産会社が登録されていて、最大6社まで査定依頼できるところです。

入力もシンプルで分かりやすいです。

間取り、築年数、坪数など数項目の情報を入力だけ。(数値は正確に分からなくても大体でOK)

すると、イエウールが提携している不動産会へ情報が送信されて査定がはじまります。

複数の不動産会社で査定が行われますので、結果、あなたの家の最高査定額が分かる仕組みです。

⇒60秒で家の査定依頼が可能!
イエウールはこちら

イエウールだと「査定額に数百万円以上の差」がつくことも普通にあります。

これが、イエウールが人気になっている秘密でもあります。


・結果は、査定を依頼した会社から早ければ当日にメールや電話などで教えてもらえます。

 

・まずは査定金額を見てから、「将来的に売却も視野に検討してみようかな。。」という場合でもOK。

今や、不動産売却を考えている多くの方が最初に利用している定番サービスです。

複数の不動産会社の査定だから高額査定がでやすいです一括査定で複数の優良な企業の中から、より信頼して任せられる会社を1社選んで任せると良いでしょう。

「家にいくらの価格がつくのか?」

中古住宅が高値で売れる今、家の価値が1番高い今日のうちに、無料で査定をしてもらいましょう。

\たった60秒で査定依頼完了/▲家の最高査定額がバッチリわかる!▲

※最新の価格動向から、2023年をピークに不動産価値が下がると言われています。少しでも損をしたくない方は、早めに価格だけでも調べて今後の方針を検討しましょう。
 

 

 

 

 

運営者情報