農地転用の方法・費用】知らないと大損!農地をより高くスムーズに売却するコツも紹介

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

「農地を宅地に転用して売却したいけど、うちの土地はできるのかな?」

「方法や費用も知りたい。」

慣れない手続きなので、たくさんの疑問や不安がありますよね。

今回は農地転用の費用と方法、できる土地/できない土地について解説します。

農地転用の手続きをする前に知っておいた方がいい情報についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

農地転用する方法・費用

農地を農地以外のものに転用するには、届出や許可が必要です。

土地が「市街化区域」内にある場合は農業委員会に届出を出すだけですが「市街化調整区域」にある場合は、都道府県知事の許可が必要です。

農地転用の届出に必要な書類は以下のとおりです。

  • 申請書
  • 住民票
  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 土地の位置を示す地図

転用後の利用目的や土地の大きさによっても必要書類が異なるので、詳しくは市町村役場でご確認ください。

許可を申請する際は、上記に加えて排水計画図や地積測量図など多くの書類が必要なため、個人で行うのは難しいでしょう。

届出や許可申請に費用はかかりませんが、必要書類の発行には手数料がかかります。

また手続きを行政書士に依頼する場合の費用は、3万~5万円(許可が必要な場合は6万~8万円)です。

注意点として、農地から宅地に変更した場合は固定資産税の評価額が高くなります。

1月1日時点の状況で基準が決まるので、変更時期も検討した方がよいでしょう。

農地転用できる土地

以下の土地は農地転用が可能です。

・第2種農地
鉄道の駅が500m以内にあるなど、近い未来に市街地化が見込まれる農地。個人で耕しているような生産力の低い土地が対象です。

・第3種農地
鉄道の駅が300m以内にあるなど、市街地化への見込みが著しい農地。

農地転用できない土地

日本の農業生産力を保つために、原則として以下のような土地は転用が認められません。

・農用地区域内農地
農業振興地域に指定され、高い生産力のある農地。

・甲種農地
市街化調整区域内で、特に良好な営農条件を備える農地。

・第1種農地
10ヘクタール以上で生産力の高い農業公共対象農地。

農地転用の前にすべきこと

農地の売却は宅地の取引よりも手続きが複雑で、難しいと言われています。

なるべく高くスムーズに売却するには、農地転用の経験が豊富で農地売買も得意な不動産会社に相談することが重要です。

ただ、農地に強い不動産会社は多くはありません。

地元の不動産会社を一軒一軒訪ねるのは大変なので、スマホから一括査定で探すと便利ですよ!

不動産の査定額を1番かんたんに知れる方法

家や土地の価格を調べるといえば、まずは不動産屋へ直接出向き査定を依頼…というのが一般的でした。

しかし、今やスマホで簡単に査定依頼できます。

それが、

イエウール』という今、日本で一番使われている不動産一括査定サイト。

イエウールが凄いのは「全国1,900以上の不動産会社が登録されていて、最大6社まで査定依頼できるところです。

入力もシンプルで分かりやすいです。

間取り、築年数、坪数など数項目の情報を入力だけ。(数値は正確に分からなくても大体でOK)

すると、イエウールが提携している不動産会へ情報が送信されて査定がはじまります。

複数の不動産会社で査定が行われますので、結果、あなたの家の最高査定額が分かる仕組みです。

⇒60秒で家の査定依頼が可能!
イエウールはこちら

イエウールだと「査定額に数百万円以上の差」がつくことも普通にあります。

これが、イエウールが人気になっている秘密でもあります。


・結果は、査定を依頼した会社から早ければ当日にメールや電話などで教えてもらえます。

 

・まずは査定金額を見てから、「将来的に売却も視野に検討してみようかな。。」という場合でもOK。

今や、不動産売却を考えている多くの方が最初に利用している定番サービスです。

複数の不動産会社の査定だから高額査定がでやすいです一括査定で複数の優良な企業の中から、より信頼して農地転用を任せられる会社を1社選んで任せると良いでしょう。

「家や土地にいくらの価格がつくのか?」

中古住宅が高値で売れる今、家の価値が1番高い今日のうちに、無料で査定をしてもらいましょう。

\たった60秒で査定依頼完了/▲家の最高査定額がバッチリわかる!▲

※最新の価格動向から、2024年をピークに不動産価値が下がると言われています。少しでも損をしたくない方は、早めに価格だけでも調べて今後の方針を検討しましょう。
 

 

 

 

 

運営者情報