マンションの耐用年数はどれくらい?売却で損しない方法も解説

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

マンションの耐用年数ってどれくらいなんだろう?

もし売却も検討しているなら、価値が高いうちに売りたいですよね。

実は、耐用年数以外にも高く売れる条件がありますよ。

今回は、マンションの耐用年数について解説します。

マンションを売却する前に知っておいた方がいい情報についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

マンションの耐用年数はどれくらい?

マンションの耐用年数は47年とされています。

そもそも耐用年数とは?
税金を計算するための減価償却の目安として定められた「法定耐用年数」です。

マンションのような鉄筋/鉄骨鉄筋コンクリートの建物は、個別の性能にかかわらず、耐用年数が47年と決まっています。

建物の価値がゼロになるのが47年ということです。

税法上の年数なので、耐用年数を超えたからといって住めなくなるわけではありません。

マンションの寿命は?

国土交通省の調査によると、マンションの平均寿命は68年

これは建物が寿命を迎えて壊れたからではなく、平均68年で取り壊されているためです。

同調査によれば、鉄筋コンクリートの建物の寿命は120年、適切な修繕を行えば最長で150年住み続けられるとされています。

しかし、耐震性や建材、施工技術によっても、マンションの寿命は大きく左右されるでしょう。

修繕では対応しきれなくなったら取り壊されるため、売却できなくなってしまいます。

資産価値としてのマンションの耐用年数は?

通常マンションの資産価値は、新築から時間が経つにつれて落ちていきます。

築30年までは急激に下落し、その後はほぼ横ばいの状態となるケースが多いようです。

またマンションは、一般的に12年に一度の周期で大規模修繕を行いますが、回を重ねるごとに修繕箇所が増えて費用が高額になり、期間も長くなります。

長いと2年近く修繕の話し合いや工事でのやり取りが続くこともあるため、静かに暮らしたい方にとっては大きなストレスになるでしょう。

マンションの耐用年数が気になり始めて売却も検討しているなら、なるべく早い方が負担も少なく、高く売却できる可能性も高いですよ。

実は今、中古マンションの価格が高騰してバブル状態に!

2021年4月の中古物件の売れ行きが過去最高を記録し、以降も上昇し続けています。

以下は首都圏中古一戸建ての成約件数と前年同月比の推移を示したグラフです。


出典:ダイヤモンド不動産研究所

15年前に新築で買ったマンションが、買った時より高く売れるような状態です。

もしかしたらあなたの住んでいるマンションも、高額で売却できるかもしれませんよ。

そうなれば、もっといい条件で住み替えができる可能性があります。

大損しないために売却するしないに関わらず、イエウールで査定依頼して、今住んでいるマンションの価値を知っておくことをおすすめします!

不動産の査定額を1番かんたんに知れる方法

家の価格を調べるといえば、まずは不動産屋へ直接出向き査定を依頼…というのが一般的でした。

しかし、今やスマホで簡単に査定依頼できます。

それが、

イエウール』という今、日本で一番使われている不動産一括査定サイト。

イエウールが凄いのは「全国1,900以上の不動産会社が登録されていて、最大6社まで査定依頼できるところです。

入力もシンプルで分かりやすいです。

間取り、築年数、坪数など数項目の情報を入力だけ。(数値は正確に分からなくても大体でOK)

すると、イエウールが提携している不動産会へ情報が送信されて査定がはじまります。

複数の不動産会社で査定が行われますので、結果、あなたの家の最高査定額が分かる仕組みです。

⇒60秒で家の査定依頼が可能!
イエウールはこちら

イエウールだと「査定額に数百万円以上の差」がつくことも普通にあります。

これが、イエウールが人気になっている秘密でもあります。


・結果は、査定を依頼した会社から早ければ当日にメールや電話などで教えてもらえます。

 

・まずは査定金額を見てから、「将来的に売却も視野に検討してみようかな。。」という場合でもOK。

今や、マンションの売却を考えている多くの方が最初に利用している定番サービスです。

複数の不動産会社の査定だから高額査定がでやすいです一括査定で複数の優良な企業の中から、より信頼して任せられる会社を1社選んで任せると良いでしょう。

「家にいくらの価格がつくのか?」

中古住宅が高値で売れる今、家の価値が1番高い今日のうちに、無料で査定をしてもらいましょう。

\たった60秒で査定依頼完了/▲家の最高査定額がバッチリわかる!▲

※最新の価格動向から、2023年をピークに不動産価値が下がると言われています。少しでも損をしたくない方は、早めに価格だけでも調べて今後の方針を検討しましょう。
 

 

 

 

 

運営者情報