住宅ローンの完済年齢は?知らないと損するお得に完済するための方法

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

住宅ローンは何歳までに完済するのがいいの?
早く完済する方法はあるのかな?

など、住宅ローンの完済年齢について気になっている方は多いですよね。

今回は、住宅ローンの完済年齢について解説します。

早く完済したい場合に知っておくべきお得な情報についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

一般的な住宅ローンの完済年齢

住宅ローンを組む際に気になることのひとつである完済年齢。

一般的には住宅ローンの借入期間は25~30年で組まれることが多く、借入時の年齢で最も多いのは30代です。

つまり、単純に計算すると一般的な完済年齢は60代ということになります。

完済時の年齢を考えた上で無理のない返済プランを立てることが大切です。

住宅ローンを完済する理想の年齢

理想は65くらい歳までに完済することです。

一般的に企業で安定して働ける年齢は65歳までですよね。

老後もローンを支払い続けるのは負担になるため、65歳までに完済できるプランが理想とされています。

もし定年後も支払いが続く場合は、引き続き働く・退職金や年金から支払うなどの方法を考えておきましょう。

住宅ローンの返済期間を短くしたいなら

借入期間の平均が27年というのに対して、完済までの期間は平均16年。

多くの方が、当初の借入期間よりも10年ほど早く完済しています。

早く完済する方法は大きく2種類。

・繰り上げ返済

・住宅ローンの借り換え

一部繰り上げ返済ができれば返済期間を縮めることができますが、普段からその分の貯蓄ができる程の余裕が必要です。

教育費や老後資金を考えた上でさらに余裕があるのなら、繰り上げ返済も選択肢に入れるといいでしょう。

また、今よりも金利の低い住宅ローンへ借り換えれば、返済期間を短くできる可能性はあります。

ただし現在の住宅ローンは既にかなり低金利のため、今後さらに金利が下がる期待は薄いでしょう。

住宅ローンをお得に完済するためのとっておきの方法

住宅ローンの早期完済を考えているのなら、ぜひ参考にしてほしいデータがあるのでシェアしますね。

実は、2021年4月の中古物件の売れ行きが過去最高を記録!以降も上昇し続けています。

中古物件の価格が高騰している今、繰り上げ返済や住宅ローンの借り換えをする前に、一度今の家を査定してみるのがおすすめ。

以下は首都圏中古一戸建ての成約件数と前年同月比の推移を示したグラフです。


出典:ダイヤモンド不動産研究所

今住んでいる家を査定に出すと、もしかしたら購入金額より高い金額で売れる可能性があります。

その場合は繰り上げ返済やローンの借り換えよりも、家を売却した方がお得になりますよ。

今の生活に不便してなくても、査定額次第ではもっといいところに住み替えできる可能性も。

大損しないために売却するしないに関わらず、イエウールで査定依頼して、今住んでいる家の価値を知っておくことをおすすめします!

不動産の査定額を1番かんたんに知れる方法

家の価格を調べるといえば、まずは不動産屋へ直接出向き査定を依頼…というのが一般的でした。

しかし、今やスマホで簡単に査定依頼できます。

それが、

イエウール』という今、日本で一番使われている不動産一括査定サイト。

イエウールが凄いのは「全国1,900以上の不動産会社が登録されていて、最大6社まで査定依頼できるところです。

入力もシンプルで分かりやすいです。

間取り、築年数、坪数など数項目の情報を入力だけ。(数値は正確に分からなくても大体でOK)

すると、イエウールが提携している不動産会へ情報が送信されて査定がはじまります。

複数の不動産会社で査定が行われますので、結果、あなたの家の最高査定額が分かる仕組みです。

⇒60秒で家の査定依頼が可能!
イエウールはこちら

イエウールだと「査定額に数百万円以上の差」がつくことも普通にあります。

これが、イエウールが人気になっている秘密でもあります。


・結果は、査定を依頼した会社から早ければ当日にメールや電話などで教えてもらえます。

 

・まずは査定金額を見てから、「将来的に売却も視野に検討してみようかな。。」という場合でもOK。

今や、不動産売却を考えている多くの方が最初に利用している定番サービスです。

複数の不動産会社の査定だから高額査定がでやすいです一括査定で複数の優良な企業の中から、より信頼して任せられる会社を1社選んで任せると良いでしょう。

「家にいくらの価格がつくのか?」

中古住宅が高値で売れる今、家の価値が1番高い今日のうちに、無料で査定をしてもらいましょう。

\たった60秒で査定依頼完了/▲家の最高査定額がバッチリわかる!▲

※最新の価格動向から、2024年をピークに不動産価値が下がると言われています。少しでも損をしたくない方は、早めに価格だけでも調べて今後の方針を検討しましょう。
 

 

 

 

運営者情報