住宅ローンが免除される病気や条件とは?該当しない場合の対処法も紹介

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

家を購入し、幸せな新生活を送るためには、住宅ローンという大きな経済的な負担を背負うことが一般的です。

しかし、突如として病気が訪れ、返済が難しくなる可能性もあります。そんな時、住宅ローンの免除という選択肢があるのをご存知でしょうか?

今回は、住宅ローンが免除される可能性がある病気やその条件について詳しく解説します。

また、免除が適用されない場合の対策も一緒に紹介するので、是非参考にしてみてください。

住宅ローンの返済免除の可能性がある病気

病気で住宅ローンの返済が厳しくなったとき、ローンの条件や含まれる保険によっては、返済が免除される可能性があります。

住宅ローンを組む際には、「団体信用生命保険」(以下、団信)という生命保険に加入するのが一般的です。

この団信に加入していれば、住宅ローンの契約者が亡くなったり、高度障害を負ったりした場合に、住宅ローンの一部または全額が保険金で返済されます。

また、団信の保障内容によっては「3大疾病」「8大疾病」「11疾病」などの疾患になった場合でも、住宅ローンの支払いが免除される可能性があります。

3大疾病・8大疾病・11疾病の疾病には以下のようなものが含まれています。
3大疾病 がん・心疾患・脳血管疾患
8大疾病 高血圧性疾患・糖尿病・腎疾患・肝硬変・慢性膵炎
11疾病 がん・高血圧性疾患・糖尿病・腎疾患・肝疾患・慢性膵炎・脳血管疾患・心疾患・大動脈瘤および解離・上皮内新生物・悪性黒色腫以外の皮膚がん

保障外の病気で住宅ローンの返済が遅れると家を失う可能性がある

団信に加入していない、または保障対象外の病気や怪我になった場合は、住宅ローンを払い続けなくてはなりません。

たとえ長期間働けなくなり収入が得られない状況でも、ローンの返済は待ってくれません。

返済が滞ると信用情報に傷がついたり、自宅が競売にかけられ相場よりかなり安く売られてしまいます。

その場合、家を失うだけでなく、売却価格と住宅ローンの差額を自己負担しなければならず、返済が終わらない借金を抱える可能性があります。

住宅ローンの返済ができなくなる前にしておくこと

病気や怪我が原因で長期間働けず、住宅ローンの返済が難しくなるときは、もし家を売却したらいくらになるのか事前に調べておきましょう!

実は、2021年4月の中古物件の売れ行きが過去最高を記録し、以降も上昇し続けています。

以下は首都圏中古一戸建ての成約件数と前年同月比の推移を示したグラフです。


出典:ダイヤモンド不動産研究所

今住んでいる家を査定に出すと、もしかしたら購入金額より高い金額で売れる可能性があります。

競売に出される前に適切な価格で売ることで、住宅ローンの完済や病気の医療費を得られるかもしれません。

大損しないために売却するしないに関わらず、今住んでいる家の価値を知っておくことをおすすめします!

不動産の査定額を1番かんたんに知れる方法

家の価格を調べるといえば、まずは不動産屋へ直接出向き査定を依頼…というのが一般的でした。

しかし、今やスマホで簡単に査定依頼できます。

それが、

イエウール』という今、日本で一番使われている不動産一括査定サイト。

イエウールが凄いのは「全国1,900以上の不動産会社が登録されていて、最大6社まで査定依頼できるところです。

入力もシンプルで分かりやすいです。

間取り、築年数、坪数など数項目の情報を入力だけ。(数値は正確に分からなくても大体でOK)

すると、イエウールが提携している不動産会へ情報が送信されて査定がはじまります。

複数の不動産会社で査定が行われますので、結果、あなたの家の最高査定額が分かる仕組みです。

⇒60秒で家の査定依頼が可能!
イエウールはこちら

イエウールだと「査定額に数百万円以上の差」がつくことも普通にあります。

これが、イエウールが人気になっている秘密でもあります。


・結果は、査定を依頼した会社から早ければ当日にメールや電話などで教えてもらえます。

 

・まずは査定金額を見てから、「将来的に売却も視野に検討してみようかな。。」という場合でもOK。

今や、不動産売却を考えている多くの方が最初に利用している定番サービスです。

複数の不動産会社の査定だから高額査定がでやすいです一括査定で複数の優良な企業の中から、より信頼して任せられる会社を1社選んで任せると良いでしょう。

「家にいくらの価格がつくのか?」

中古住宅が高値で売れる今、家の価値が1番高い今日のうちに、無料で査定をしてもらいましょう。

\たった60秒で査定依頼完了/▲家の最高査定額がバッチリわかる!▲

※最新の価格動向から、2024年をピークに不動産価値が下がると言われています。少しでも損をしたくない方は、早めに価格だけでも調べて今後の方針を検討しましょう。
 

 

 

 

 

運営者情報