保育園の園長になる条件とは?自分に合った求人情報が見つかる方法

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

「保育園の園長になるにはどんな条件があるの?」

実務経験や経営スキルが求められる園長は、誰でもできる仕事ではありません。

今回は、保育園の園長の仕事内容やなるための条件について解説します。

自分にピッタリの求人情報を見つける方法もご紹介しますので、最後まで必見ですよ♪

保育園の園長の仕事内容

保育園の園長は園の経営責任者なので、保育園のあらゆることに責任を持ちます。

園長の仕事内容は次のとおりです。

  • 保育園の経営方針の策定や運営管理
  • 保育士の採用・育成
  • 園児の安全管理
  • 保護者との連絡調整
  • 園児の成長や発達の把握
  • 広報活動
  • 会議への参加 など

園長は保育園の顔として、保育士や保護者、地域の人々と接する機会が多く、コミュニケーション能力やリーダーシップが求められます。

また保育園に関する専門知識や経験も必要です。

保育園の園長になる条件

保育園の園長になるには、以下の資格と経験が必要です。

  • 保育士資格の保有(公立保育園の場合)
  • 公務員試験の合格(公立保育園の場合)
  • 5年以上の実務経験
  • 経営に関する知識の獲得

保育園の園長になるために特別な資格は必要ありませんが、実務経験をつむ必要があります。

公立保育園の場合は、保育士資格の取得と公務員試験の合格が条件となります。

保育園の園長に適正がある人

以下に該当する人は保育園の園長の適正があります。

  • 職員をまとめ、適切な指導ができる
  • 保護者や地域の人と円滑にコミュニケーションがとれる
  • 冷静に判断できる

園長には実務経験のほかにも、指導力・コミュニケーション能力・判断力が求められます。

当てはまる人は挑戦してみましょう。

保育園の園長を目指すなら…!

保育園の園長は、自分の手で理想の保育を目指すやりがいのある仕事です。

ただし給与面や業務内容などは施設によってかなり差があるため、なかなか自分で探すだけでは好条件の求人には出会えません。

もし園長になりたいなら、オープニングで園長を募集したり、園長の退任で募集してる求人も多数あります。

そこで、特に求人数が多く優良求人が多い人気のサイトがありますので、ご紹介しますね!

保育士の優良求人が豊富♪なサイトを紹介

保育士の求人数が充実、初めてでも使いやすい便利なサイト、
それが『保育士ワーカー』です。

【無料登録】60秒カンタンな質問に答えるだけ!
≫保育士ワーカーの公式サイトへ≪

転職活動ってどんな流れなんだろ…慣れてなくて。。

求職活動が不安でも大丈夫!
保育士ワーカーなら、求人の紹介から面接、入職まで、仕事選びで失敗しないための、様々なサポートを無料で受けれます。

保育士ワーカーが人気の理由

・登録者限定の、非公開求人が見れる

・不安な面接対策、給与・条件交渉も安心

4万件の優良求人で希望の仕事がみつかる

園の口コミ(人間関係など)が事前にわかる

完全無料で費用は一切かからない

また、保育士ワーカーが凄いのは
利用者の8割が年収Up
満足度の高いサービスなんです!

秘密は、高待遇の非公開求人を個別に紹介しているから!

これなら転職活動もはかどりますね!

保育士ワーカーで理想の保育士の求人がみつかる

人間関係がよくて土日も休みで…年収も今よりUpしたいな。

もちろん、ご希望にあった園が見つかるまでお探しします。

アドバイザーがしっかりサポート!
転職活動に集中できる環境が整っています。

ブランクのある働きたいママさんにも人気!

無利用者の8割以上が年収UPに成功!
≫【無料登録】保育士ワーカー公式サイトへ≪

保育士ワーカーの口コミ

初めての転職で自信のない方でも、安心して求職活動ができるように!

保育士ワーカーが他のサイトと違うのは、採用率の向上や条件交渉面接当日の同行入職後の丁寧なサポート面倒な各種手続きの代行などを徹底していること。

これが保育士ワーカーが人気になっている秘密でもあります。

保育士のお仕事を探している多くの方が最初に利用しているサイトです。

優良求人を無料でチェック!

入職がまだ先の予定でも、好条件求人はすぐ埋まってしまいます。今のうちからでも登録しておいて探しつつ、理想の転職へ準備しましょう!

紹介後、すぐに面接・採用もあり!
60秒の無料登録でまずはチェックだけでもしてみてはいかがでしょうか?

※無理に転職を勧めすることはありませんので安心してご利用ください。

※好待遇の優良求人が増えています。
早めの申込みがオススメです!

 

 

 

 

 

運営者情報