ワンマン社長が理不尽すぎる!早く退職したい時の対処法とは

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

「もうワンマン社長にはついていけない」

日々繰り返されるパワハラ、コロコロ変わる指示に振り回されていませんか?

jobアドバイザーさくら

このページでは、『理不尽なワンマン社長の対処法』について紹介しています。また、仕事を辞めたい、でも自分では伝えられないし、会社にも行きたくない…という方でも、必ず退職できる方法も解説します。

まずは理不尽なワンマン社長の対処法を説明する前に「仕事を辞める勇気が出ない原因」についてまとめました、気軽に読んでみてください。「職場の人間関係がギスギス」「少な過ぎの給料に不満」「残業続きでプライベートが充実しない」「他の職種へうつってみたい」など、様々な理由で転職をしている人が多いです。しかし、逆に「仕事を今すぐにでも辞めてしまいたい!」とは思っていても、中々行動に移せない人も少なくありません。

「仕事を辞める勇気が出ない原因」に加え、「仕事を辞める勇気が出ない時の解決策」も紹介します。

現状の仕事に我慢せず良い意味で気持ちのままに仕事を辞めれるキッカケになれば幸いです。

仕事辞めたいけど…勇気が出ない原因


退職したいけど勇気がでないのであれば、まずは勇気が出ない原因を自身で把握しておくことが重要です。何故勇気がでないのか確認してみましょう。

将来を考えると不安がよぎる


今の仕事を辞めたい気持ちが強くても、いざ辞めた後の事を考えると不安ばかりで行動に移せないということがあります。

例えば、、辞めた後ですぐに転職先はみつかるのか?自分の今のスキルが転職先で通用するのか?

今より給料が下がってしまったらどうしよう。せっかく転職しても仕事が合わなく転職を繰り返してしまうことにならないだろうか。

次の仕事が見つかるまで果たして生活ができるのだろうか…などなど不安はつきないですよね。

これらの不安…仕事を辞めたいと考えている人なら誰もが必ず抱える問題です。

しかし、仕事を辞めたいと思い始めたらまずは焦らずに計画的に転職への動きを行えるかが重要です。

自分のキャリアに傷がつくのが怖い


転職というと、新たなチャレンジ、スキルUpのためなどといった前向きな考えも今では多いですが、一部では、わずか数年での転職=悪、履歴書や経歴に傷がつく…と考える人も多い現状があります。

また、相談者である友人や特に両親から反応が悪いケースも多く転職に勇気がでないことも考えられます。

ですが、数日や数ヶ月の転職退職を繰り返していない限りは、キャリアに傷がつくということはなく、全く恐れることが無いというのが実情です。

上記でも述べたように、計画的な転職活動を行えば問題は無いでしょう。

上司や同僚など周囲が気になる


仕事を辞める勇気がでない大きな原因として、「同僚など周りの人の反応が気になる」という場合も多いのではないでしょうか。

「苦手な上司の嫌味な反応が怖い」「お世話になった上司に申し訳ない」「上司に止められたら辞められそうにない」など、周りの目が気になって、なかなか退職届を出すのをためらいがちになります。

しかし、転職は自分が自分のためにで行動する事。周りの状況は関係ないと言っても過言ではありません。

行動に移さずに入ると、あとであとでとなって先延ばしになってしまい、いつまで経っても仕事を辞めることができません。

仕事を辞める勇気が出ない時の解決策


では、仕事を辞めたいのに勇気が出ない時…どうすればよいのか?以下で簡潔に紹介します。

大事なことは、「転職への不安要素をなくす」「自身の意思決定に自信を持つ」「転職後の明るい未来を想像する」事。

不安要素は、まずは現職を辞める前に転職先を決めてしまう事でクリアできます。仕事がやめたいからといえ、何も考えずに辞めては…お金の事や仕事がみつかるかなど様々な不安が生じてくるのは当たり前です。

転職を考え始めた時は誰でも不安になります。「転職が自分にとってベストな選択肢なのか」分からなくなるのは当然。

ここで重要なのが意思決定。「自分の進みたい方向に近づいているのか?」この問いかけが、後悔しない判断につながります。

自分の進みたい方向に近づくには、現状維持か転職か。ぜひ、自分の意思決定に自信を持ってみましょう。

理不尽なワンマン社長6つの特徴

理不尽なワンマン社長には、次のような特徴があります。

  1. 社員の意見をきかない
  2. パワハラ気質である
  3. 自分の考えだけが正しいと思っている
  4. 感情がコントロールできない
  5. 人事や待遇を好き嫌いで決める
  6. 指示がコロコロ変わる

このような社長と同じ環境で働くのは大きなストレスになり、仕事を続けていくのが辛くなりますよね。

精神的に病んでしまう前に、早く対処しましょう。

会社にワンマン社長がいる時の対処法

同僚を味方につけて社長に意見する

改善を求めるとしても、1人でワンマン社長に意見するのは難しいものです。

それだけでなく、意見することで待遇がさらに悪くなる可能性があります。

もし社長に改善を求めるなら、多くの同僚を味方につけましょう。

多くの社員が不満に思っているのに改善されなければ会社の存続に関わるため、改善せざるをえなくなります。

退職する

ワンマン社長は、社員を駒としかみていません。

どんな対処をしても、理不尽な態度はなおらないでしょう。

今の職場で無駄な時間を過ごすより、いっそのこと退職してあなたの意見を尊重してくれる会社で気持ちよく働きましょう。

理不尽なワンマン社長には退職代行を使おう

ワンマン社長の場合、退職したくてもスムーズに辞めさせてくれない可能性があります。

また、普段からパワハラを受けていると、恐怖心から辞めることを言い出しづらいこともありますよね。

そんな時は退職代行を利用しましょう。

jobアドバイザーさくら

もし、自分から会社を辞めにくいなら…会社に出向かず、精神的負担もないまま退職できる方法があるのでシェアします。

会社に行かず「家で待ってるだけで退職できる」方法

ワンマン社長に困っている
退職までの残りの期間に職場の人と顔を合わせるのがツライ…
明日いきたくない…このまま辞めたい
…でも働いた分の給料と退職金は欲しい

こんな時、あなたに変わってスムーズな退職へと導いてくれる便利なサービスがあります。

それが、『退職代行Jobs』という退職代行サービスです。

面倒事は全て任せて円満退職!
≫弁護士と連携の退職代行サービス≪

退職代行Jobsで安心して退職できる理由

当日、明日の即日退職もできる!

会社や上司と一切かかわらずに円満退職

・手続きは最短20分!LINEや電話で完結

24時間・全国対応!(早朝深夜もOK)

弁護士、労働組合との連携で安心

また、退職代行Jobsでは、
利用者の退職率は100%!」
必ず退職できる
満足度の高いサービスです!

…でも、お高いんでしょ??!

弁護士に退職代行を依頼した場合、5万円以上はかかってしまいます。しかし、Jobsであれば「弁護士監修の民間業者」なので、27,000円で退職代行が可能ですよ!
27,000円で上司とも話さずきっぱり辞められるならアリかも。

正式な手続きを取って辞められるので、離職票失業保険も受け取れ、転職が不利になる事もありません。
会社と揉めた場合のフォローも万全
もし会社と揉めた場合も、提携の労働組合が交渉してくれるので必ず辞められます。また、万が一退職できなければ全額返金と完全ノーリスクで安心です。

相談は無料ですので、退職についてお悩みであれば、1人で思い詰めずにLINEからお気軽にご相談くださいね。

⇒【最短20分】即日退職!
Jobsに無料相談してみる

※LINE追加すると、退職希望日など聞かれるので「返信すると」無料で相談できます。
【退職希望日が決まってない場合は、「まだ悩んでます」と返信すればOK】

本当にもう会社に行かなくても良いの?

明日から会社へ行きたくないのですが…

即日の退職が可能です!退職が完了するまで、無期間・無期限でサポートさせていただきます。

代行スタッフがしっかりサポート!
会社に行くことなく円満退職ができます。

初めての退職で不安な方でも安心して辞められるように!


退職代行Jobsが他の代行業者と違うのは、

①24時間365日の即日即時対応
②弁護士、労働組合との連携
③退職までの丁寧なサポート

を徹底していること。

これが、Jobsが人気になっている秘密でもあります。

今や、退職代行を考えている多くの方が利用しているサービスです。

誰にもバレずにこっそり使えます♪
…ストレスと疲労で限界がくる前に、1人で悩まずあなたがイキイキと仕事ができる自分に合った環境をつかむために!

※LINEからの気軽な相談・質問でもOKです!
【退職希望日が決まってない場合は、「まだ悩んでます」と返信すればOK】

\使った翌日に退職&ストレス解消!/▲朝一退職もできます▲