夜勤保育士の求人】仕事内容・給料は?知らないと後悔!優良求人を見つけるコツも解説

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

お住まいの地域の好待遇求人を逃さずチェック!!
夜勤保育士は高収入とプライベートの充実を両立できて、やりがいもある人気の求人。

子どもたちと関われる保育士の仕事を続けたいけど、収入も増やしたい!という方にぴったりの働き方です。

まず、夜勤保育士の求人について解説する前に!今回は大変なお仕事である保育士のお仕事事情についてまとめてみました。お題は、「保育士の転職理由ランキング」と「保育士の転職方法」。

保育士はやりがいの強い仕事な反面、「人間関係の悩み」「仕事が大変過ぎる」などの問題を抱え転職を考えている方も多いでしょう。

調査対象は転職経験のある保育士。是非、参考にしてみてください。

保育士の転職理由


保育士の転職理由で最も多かったのが、人間関係の悩み。
以下、収入、労働時間の悩みと続いていて、今の職場への不満から転職している事がわかります。

1位・人間関係の悩み

・職場の人間関係がうまくいかなかったから
・人間関係、特に園長との関係がしんどくなってきたため
・保護者との人間関係がしんどくなったため
意外と多いのが、保護者との人間関係の悩みでした。また園長と合わないという意見も。女性の多い職場のため、「女性同士の人間関係に悩みがち」という声も。
2位・収入アップのため

・仕事内容と収入が見合わかったから
・ボーナスが欲しかったため
・給与が安くて生活が苦しく貯金すらできないから
保育士のハードな仕事内容に対して賃金が低い・足りないという意見が多いです。やりがいのある仕事、しかし収入が少ないと仕事へのモチベーションも下がってしまいますよね。
3位・労働時間への不満

・残業が遅くまであり持ち帰り仕事が多い
・残業ばかりで家族とのプライベートの時間が取れなくなったため
・土曜日や夜の時間外勤務が多かったから
定時で終業する職場は意外と多く、持ち帰り仕事やサービス残業が多いのも保育士には大きな負担に。イベントが多い園などもあるため、休日出勤を余儀なくされる場合も多いようです。
4位・結婚、出産のため

・結婚で引越すことになったから
・結婚を機にパート保育士の仕事を探した
・出産を機に短時間働けるパートに就いた
結婚と同時に引っ越しをしたからという意見が多いようでした。また出産を経て、パートや派遣保育士として働くパターンも。仕事を続けながらも生活にゆとりも作れるよう転職を決意する人が多いです。
5位・多忙だから

・活動が毎日設定保育で激務でした
・毎日が激務で心身に影響があったため
・業務が多すぎて疲れる割に給料少ない
開園中は、こども達と向き合い閉園後は事務作業やイベント準備などの業務で気が休まる暇もないという声が多かったです。業務量と収入が比例して内面も悩みとして強いようです。
6位・保育方針が合わない

・保育のやり方に違和感があり、よりこどもと向き合える園がよいと感じたため
・行事がとても多く、こどもとじっくり関わる保育ができず不満だった
園の保育方針や保育観が自分とは合わなかったからという声が多いです。
特に園長と合わない場合は職場に留まることがツラくなり転職を決意する事が多いようです。

保育士の転職方法


次に保育士の転職方法を見ていきましょう。

様々な理由で転職を考えるようになった時、いざ活動を始める際にどのような方法で転職活動をすすめていけばいいのか?と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

ダントツで転職活動時に利用した媒体として、ハローワークが選ばれているようです。

次に、転職エージェントや転職サイト、知人の紹介の順となっています。

以外だったのが、派遣会社。やはり、転職ですので派遣ではなく正規雇用を前提として職探しをしている事がわかります。

1位のハローワーク。こちらは、公的機関であることの安心感から利用する人が多いようです。

また、前職を退職後に失業手当の手続きで訪れた際にハローワークでついでに仕事を探して、、というパターンも多いようです。

2位の転職エージェント、3位の転職サイトも今では転職活動に欠かせない媒体となっています。

注目は2位の転職エージェント。転職でよく起きてしまうミスマッチングを防ぎ、より自分に適した職場へ入職できると人気です。

案件数が限られてしまう、ハローワークや転職サイトに比べ、利用者だけが紹介される非公開求人なども多くあります。

4位の知人の紹介での転職も意外と多いです。「知り合いの紹介で安心できる」「どんな職場なのか前もってわかる」などの意見が多かっあです。

5位の派遣会社を通しての転職は、「残業や持ち帰りがない」「休みもしっかりしている」「業務範囲が明確」などの意見もがありました。

【夜勤保育士の求人】仕事内容

夜間保育施設や乳児院、児童養護施設、病院内の保育施設などには夜勤があります。

日勤保育士の仕事は遊びや散歩などが中心ですが、夜勤保育士の場合は入浴や歯磨き、睡眠サポートなどが中心となります。

【夜間保育のスケジュール】

  • 17時~18時台:夕食→歯みがき
  • 19時~20時台:沐浴/入浴
  • 20時~21時台:寝かしつけ
  • ~最終預かり時間:お迎えの対応

外遊びや散歩、運動会・発表会などのイベントがないので、体力的には負担が少ないでしょう。

また夜間保育施設などでは年齢ごとのクラス分けがない場合が多いので、さまざまな年齢の子どもと関われます。

【夜勤保育士の求人】給料・働き方

勤務時間は施設によって異なりますが、以下のようなケースが多いでしょう。

  • 夜間保育施設:17時頃~23時頃
  • 24時間保育の施設:17時頃~翌日9時頃

22時から5時までは深夜手当(+25%以上)がつくため、日勤の保育士に比べて給料は高い傾向があります。

給料も施設によって差がありますが、正社員保育士の場合は23万~30万円程度が相場です。

パート・アルバイトの時給は1,000~1,400円程度となっています。

特に24時間保育を行なっている施設では深夜手当が多いので、少ない勤務日数でも安定した収入が得られるでしょう。

夜勤保育士の優良求人を探すコツ

夜勤が中心の保育士求人はあまり多くないので、一般の求人サイトでは見つけにくいかもしれません。

また施設によっては保育士の人数が少ないために、人間関係が悪かったりサービス残業が常態化していたりしている所もあります。

職場環境のよい夜間保育施設や院内保育施設などで働きたいなら、保育士専門の求人サイトを利用するとよいですよ。

無料でプロのアドバイザーに相談できますし、非公開の優良求人もチェックできるので、転職活動を有利に進められます。

以下で詳しく紹介しますね!

保育士の優良求人が豊富♪なサイトを紹介

保育士の求人数が充実、初めてでも使いやすい便利なサイト、
それが『保育士ワーカー』です。

【無料登録】60秒カンタンな質問に答えるだけ!
≫保育士ワーカーの公式サイトへ≪

転職活動ってどんな流れなんだろ…慣れてなくて。。

求職活動が不安でも大丈夫!
保育士ワーカーなら、求人の紹介から面接、入職まで、仕事選びで失敗しないための、様々なサポートを無料で受けれます。

保育士ワーカーが人気の理由

・登録者限定の、非公開求人が見れる

・不安な面接対策、給与・条件交渉も安心

4万件の優良求人で希望の仕事がみつかる

園の口コミ(人間関係など)が事前にわかる

完全無料で費用は一切かからない

また、保育士ワーカーが凄いのは
利用者の8割が年収Up
という満足度の高いサービスなんです!

秘密は、高待遇の非公開求人を個別に紹介しているから!

これなら転職活動もはかどりますね!

保育士ワーカーで理想の保育士の求人がみつかる

夜勤が中心の保育士求人を探したい…年収も今よりUpしたいな。

もちろん、ご希望にあった園が見つかるまでお探しします。

アドバイザーがしっかりサポート!
転職活動に集中できる環境が整っています。

ブランクのある働きたいママさんにも人気!

無利用者の8割以上が年収UPに成功!
≫【無料登録】保育士ワーカー公式サイトへ≪

保育士ワーカーの口コミ

初めての転職で自信のない方でも、安心して求職活動ができるように!

保育士ワーカーが他のサイトと違うのは、採用率の向上や条件交渉面接当日の同行入職後の丁寧なサポート面倒な各種手続きの代行などを徹底していること。

これが保育士ワーカーが人気になっている秘密でもあります。

夜勤保育士の求人を探している多くの方が最初に利用しているサイトです。

優良求人を無料でチェック!

入職がまだ先の予定でも、好条件求人はすぐ埋まってしまいます。今のうちからでも登録しておいて探しつつ、理想の転職へ準備しましょう!

紹介後、すぐに面接・採用もあり!
60秒の無料登録でまずはチェックだけでもしてみてはいかがでしょうか?

※無理に転職を勧めすることはありませんので安心してご利用ください。

※好待遇の優良求人が増えています。
早めの申込みがオススメです!