カードローンとフリーローンの違いがわかる!知らないともったいないお得な借り方

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

お金が足りない…
カードローンとフリーローンはどっちがいいの?

カードローンとフリーローンの違いがよくわからない…という方は多いですよね。

損したくないなら、2つのローンの違いを押さえておきましょう。

マネーアドバイザーさくら

このページでは、『カードローンとフリーローンの違い』についてまとめています。

まずは、カードローンとフリーローンについて解説する前に「お金を借りるおすすめの方法」について知っておいて損はないでしょう。突然の冠婚葬祭や病気など、日々の生活の中で突然お金が必要になるシーンは珍しくないです。

すぐにお金が必要な場合に役立つ借入先や、国や自治体のお金が借りれる制度についても分かりやすく説明します。

今すぐにでもお金を借りる方法


急ぎの時に金を借りたい場合に便利なのが「クレジットカードのキャッシング」「銀行のカードローン」「消費者金融」のいずれかを利用する事です。各々の特徴に加え、メリット・デメリットを紹介します。

クレジットカードのキャッシング

普段、買い物で利用しているクレジットカードにキャッシング枠があれば、限度額の範囲内で借入できます。

カード申込みと同時にキャッシング枠が設定されている事がほとんどです。

注意したいのはショッピング枠を使いすぎてしまうと、キャッシング枠が減ってしまうということ。

【メリット】
限度額が低めに設定されているため、無茶な借入ができない安心感がある。

【デメリット】
銀行カードローンより金利が高い。

銀行カードローン

銀行のカードローンは、契約時に決まっあ限度額内で専用カードで必要なお金を借りれます。

お金を借りる=借金というイメージが強いですが、銀行から借りているという安心感はあります。

大手メガバンクのカードローンであれば、コンビニのATMで24時間借入と返済が可能です。

【メリット】
クレジットカードや消費者金融で借り入れるよりも金利が低めです。

【デメリット】
消費者金融やクレジットカードの審査に比べ時間がかかりがちです。

消費者金融

消費者金融は申込みから借りれまでが早く、当日などの即日融資が可能なので不意の入用にとても助かります。

貸金業法に基づき多重債務などの過度の借り入れができないようになっているため、安心して利用できます。

TVCMやSNSでも頻繁に見かけるので認知度も高く手軽に利用できる点も評価が高いです。

【メリット】
借り入れまでのスピードが早く、当日融資も。

【デメリット】
スピーディーな融資の反面、銀行カードローンなどに比べ金利が高い。

国や自治体でお金を借りる方法


例えば、リストラやコロナの影響で十分な収入を確保できなくなってしまった場合、国や自治体の制度を利用すれば最低限の生活に困らないお金を借りる事はできます。

十分な収入の確保が難しくなってしまい、継続的にお金の支援が必要という状況になった場合には、国や自治体の制度を利用してお金を借りる方法もあります。

求職者支援資金融資制度
職業訓練受講給付金の支給を受けた求職者が、その給付金だけでは生活費が不足する場合に融資を受けられる制度。担保人や保証人は不要、年3.0%の金利で利用可能。
生活福祉資金貸付制度
低所得世帯や高齢者世帯等が生活再建のために資金を借りられる制度。連帯保証人を立てる場合は無利子、立てない場合は年1.5%の金利で利可能。
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
ひとり親世帯等が生活資金や修学資金を借りられる制度。自治体ごとに異なり東京都であれば、連帯保証人を立てれば無利子、立てない場合は年1.0%の金利で利用可能。

私たちは、働き得たお金で様々な物やサービスを利用しています。ここで必要なものがお金です。

しかし、どうしてもお金が充分ではなく借金をしてしまうこともあるでしょう。

以下では、お金を借りるということを前提に、「良い借金と悪い借金」「借金をしないようにする方法」についても分かりやすく説明します。

「良い借金と悪い借金について知ろう


良い借金
借金はなるべくしないに越した事ありません。しかし例えば、住宅購入や奨学金など有効活用できる資産の形成や未来につながる自己投資であれば、手もとにある資金だけでは実現できない価値を、借金をして可能とするのであれば総じて「良い借金」といえます。また、返済の目処がたつ借金は良い借金とも言えます。借りる⇒使う⇒働く⇒返す…という流れの中で金利等がかかる点に関しては注意が必要です。
悪い借金
良い借金に対して悪い借金は次のようなものが上げられるでしょう。
生活を圧迫してしまう借金、生活を補うための借金、借金を返すための借金。
これらの借金はどれも未来の自分自身へのつけが膨らむことになり兼ねないため、このような借金の仕方を
しないようにすることが大事になります。

借金をしないようにする方法


日々の生活で使うクレジットカード、ショッピング枠を利用するのも立派な借金です。

特に分割払いやリボ払いは金利負担も発生し、少額だからと言え繰り返し利用することでその分金利も増え、返済額が驚くほど多くなっていることもあります。

くれぐれも「お金の使いすぎ」に注意し、以下の方法で借金体質から脱却していくことが重要となります。

新たな借金をしない
支出を必ず収入の範囲内に納める事を優先します。
固定費など毎月の支出の中で抑えられるものはないか?無駄な出費が発生していないかを確認しましょう。
今の借金を早く返す
今、借金の返済中であれば、まずは現状の借金を少しでも早く返しましょう。
借金のために借金をするという事は絶対に回避しなければなりません。
借金返済期間が長いほど、余計な金利の支払いも発生します。
「働いてお金を稼ぐ→貯める→使う」の流れに戻していきましょう。
貯蓄をする
借金の完済がゴールではありません。
完済後は、借金の返済に充てていた黒字分を貯蓄へ回すことができます。
貯蓄を続けることで、自由に使えるお金も増えるはずです。
無理のないお金の使い道を考えて。これからは「貯めて使う」という貯蓄体質へシフトしましょう。

カードローンでお金を借りる時に必要な物

カードローンを利用する際には、特定の書類や情報が必要です。以下は、一般的に必要なものです。

身分証明書
銀行や金融機関は、借り手の身元を確認するために身分証明書を必要とします。パスポート、運転免許証、住民基本台帳カードなど公式な身分証明書を用意しましょう。

収入証明書
多くの場合、収入証明書が必要です。サラリーマンの場合は給与明細や源泉徴収票、フリーランスや自営業者の場合は確定申告書や収入証明書が該当します。

住所証明書
銀行や金融機関によっては、現在の住所を証明する書類が必要です。住民票や公共料金の請求書などが使用されます。

銀行口座
借入金の振り込みや返済に利用するため、銀行口座が必要です。口座情報を提供する必要があります。

信用情報
一部のカードローンプロバイダーは、信用調査を行います。過去の借り入れ履歴や返済能力に関する情報が含まれます。

カードローンとフリーローンはどう違う?

カードローンもフリーローンも幅広い用途で利用できる便利な融資サービスですが、大きな違いがいくつかあります。

1.提供機関と利用目的

【カードローン】
提供しているのは、銀行、クレジットカード会社、信販、消費者金融など色々です。利用目的は基本的に自由で決まりはありません。

【フリーローン】
主に銀行、信販、一部のクレジットカード会社が提供しています。個人向けフリーローンはカードローンと違って、事業や投資目的の利用はできません。

2.借入限度額や金利

【カードローン】
フリーローンに比べて、上限額は低く金利は高めです。ただ、一定期間は利息がつかない「無利息サービス」のある金融機関もあります。

【フリーローン】
まとめて大金を借りるケースが多いため、カードローンより上限額が高めで金利は安く設定されています。

3.借り入れできる回数

【カードローン】
一度審査に通れば、限度額まで何度でも利用可能です。

【フリーローン】
1度の契約での借入回数は1回のみ。追加で借り入れたい場合は再度審査を通す必要があります。

4.返済期間や返済計画

【カードローン】
借入額や選んだ返済方法、毎月の返済額などによって返済期間は変わります。追加の借り入れをすると返済計画が立てづらくなることも。

【フリーローン】
借り入れる時に返済までの期間が決められています。借入が1回だけなので返済計画も立てやすいでしょう。

5.借入までの期間

【カードローン】
最短で即日に借入可能です。

【フリーローン】
申し込み後、審査から借入まで数日から数週間かかります。

カードローンとフリーローンのメリット・デメリット

メリット

【カードローン】

・最短即日に借りられる

・返済方法が選べる

・使い道の自由度が高い

・必要なタイミングで何度でも利用できる

・無利息サービスを行う機関もある

 

【フリーローン】

・借入の上限額が高い

・金利が低め

・返済の管理がしやすい

デメリット

【カードローン】

・返済が長期化する可能性がある

・金利がフリーローンより割高

 

【フリーローン】

・借入までの時間がかかる

・追加の借入が不可で利便性に欠ける

・手数料がかかる場合がある

・審査が厳しい

カードローンとフリーローンで迷ったら…

一時的にお金が必要になった
すぐにお金を借りたい…

こんな時に頼りになるのは、カードローンです。

カードローンの方が金利が高めですが、30日間無利息サービスを利用すれば、利息も全くかかりません。

これなら、実質タダでお金を借りる事が可能です。

マネーアドバイザーさくら

カードローンは、急な出費に困った多くの方々が利用している、安心できるサービスなんですよ。
以下で、カードローンの便利さ・安心さと、不安な利息についてさらに分かりやすく紹介していますので、是非参考にしてください。

こんなに便利♪安心して使えるカードローン

カードローン4つの特徴
  • ①最短即日で借りられる

申込後、最短20分で借入ができます。急な出費でお金が必要になった時でも安心。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

  • 身分証明書のみで借りられる

50万円以下の希望額であれば免許証などの身分証明書があれば借入可能。

  • ③誰にもバレずに契約できる

申込から契約まで全てWEB完結、郵送物もなし!カードレスだから利用後にバレる心配いらず。

  • ④30日間利息0円で借りられる

最大30日間無利息サービス活用でとってもお得!
※初めて利用するカードローン会社の場合適用

上記の条件を全て満たした、大手運営で安心安全なカードローンがアコムです。(もちろん初回30日無利息!

カードローンって本当に安心して使えるの?

カードローンは以下のように、様々なシーンで利用されているんですよ!

マネーアドバイザーさくら

出典:全国銀行協会

生活費のためにカードローンを使う人が多いです。使い方は自由なのであと少し足りない…という時などとても助かりますね。

利用者の年収も様々です。
収入が低いから借りれないということもありません。

ヒロシ

年収180万円のぼくでも借りれそうだ♪

ヒロシ

3万円くらいでも借りれるのかな?あと、クレジットカードのキャッシングとは違うの?
利用者のほとんどの人は、10万円までの比較的少ない金額を借りる為に使っています。

マネーアドバイザーさくら

クレジットカードとの違い
クレジットカード付帯のキャッシングを使うと、使った金額分のショッピング利用枠が減ってしまいますので要注意!金利もカードローンと比較すると高めです。

ヒロシ

カードローンの利息ってどのくらいかかるんだろ?とても不安です。。

3万円借りた場合の利息はたった444円!

カードローンの利息は次の様に計算されます▼

借りた額×実質年率×借りた日数÷365日

例えば金利18%のカードローンで3万円借りて、1か月後の給料で一括返済した場合…

  • 借りた額:3万円
  • 実質年率:18%
  • 借りた日数:30日

計算すると利息は444円です。

翌月にきちんと返済できれば、決して高くは感じないですよね。

この利息が、「30日間・利息0円」となる便利なカードローンがあるので紹介します。

オススメは「30日間無利息」&「スピード審査」のアコムスマホで簡単申込み最短20分で審査が完了し、すぐにお金を借りることができます。

マネーアドバイザーさくら

ヒロシ

これなら来月の給料で余裕を持って返済できそうですね!
【💡審査を通すコツ】借入希望額が高いと審査に落ちてしまう可能性があります。
まずは審査に通ることが最優先、初回の希望額は3万~10万円ほどにしましょう。これだけで審査通過率が格段に上がりますよ。

マネーアドバイザーさくら

※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

大手の中でも条件の良い人気カードローンを3つ紹介しますので、あなたに合ったものを選んでください。

WEB申込みでスピーディー!アコム

今すぐ現金が必要!
お急ぎの方も!
最短20分のスピード融資!

審査に定評のあるカードローン
≫詳細・お申し込みはこちら≪

アコムの「WEB申込み」なら…

初回30日間無利息0円!
自宅への郵送物なし
誰にも知られず内緒で!

カードレスだから入会後スグに利用できる!

≫アコム公式サイトはこちら≪

実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
コンビニ対応

\今すぐ公式サイトを確認する/土日祝でも即日キャッシングOK

よくある質問
Q お金を借りられるか知りたい…
A ホームページの「3秒診断」で、3項目の入力をすると「融資可能か?」の結果がすぐ確認できます。

 

Q 申込みに書類は必要ですか?
A 健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどの本人確認書類が必要です。借入額が50万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

 

Q 誰にも会わずに借りれますか?
A Webからの申込み、自動契約機からの申込み、郵送からの申込みなどが可能なので誰にも会わずに利用できます。

 

Q 利息はどのくらいかかりますか?
A 10万円を30日間利用した場合の利息は1,479円です。→無利息0円実施中!

利息=利用金額×借入利率(18.0%)÷365日×利用日数

アコムなら、
初回30日間無利息0円!
自宅への郵送物なし
誰にも知られず内緒で!

…利用することができます。

\土日祝でも即日キャッシングOK/

アコム以外で選ばれているのは?

入金までのスピード重視ならSMBCモビットが選ばれています。
(無利息はありませんが、WEB完結で電話連絡・郵送なし!スピーディーに借りられます。)

既にアコムの無利息を利用している場合には、プロミスの無利息

≫SMBCモビット詳細はこちら≪

≫プロミス詳細はこちら≪

計画的に利用すれば、緊急時に本当に助かるサービス。

今のうちに登録しておけば、いざという時にすぐお金を借りれて便利です♪

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。