車の買い替えは納車までのつなぎ期間に注意!買い替えで後悔しないための対策

更新日:
※この記事は約1分で読めます:PR

「車を買ったら納車までの期間はどうすればいいの?」

車の購入契約が終わると、納車されるまで一定期間が空きます。

納車までの期間のつなぎとなる車はどのように用意すればいいのでしょうか。

【結論】

購入から納車までのつなぎ期間に使用する代車を用意する方法は2つあります。

  • レンタカーやカーリースでつなぐ
  • 車の売却時に買取店から無料でレンタルする

この記事では、「車を買い替え時に納車日までつなぐ方法」について分かりやすくまとめました。

また、車の買い替えで後悔しない方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トモヒロ
自動車メディアライター

某大手ディーラーで12年間、営業マンとして勤務。中古車の価値は素人目には分かりずらいです。それをいい事に平気で価格を上乗せする業界に嫌気がさし現在、情報発信しています。皆さんのcarライフがよりよいものになりますよう、この記事が少しでもお役に立てましたら幸いです。

車買取業者を絞り込み検索
査定料
一括査定
オークション
査定社数
提携業者数
業者の選択
不動・事故車対応
対応エリア

車買い替え前に知っておきたい事3選

車査定はメーカーが有利か、他社でもいいのか

自分が今までに大切にしてきた車を手放すことになるとしたら、できるだけ良い条件で取引をしたいと思うのが当たり前のことでしょう。思い入れのある愛車であれば、次に購入する車のことが気に入っているとしても、ほかに大切に乗ってくれる人に譲ることができるようにしたいものだからです。
そこで、手放す方法としては、次に購入する車の販売店の下取りに出すという方法もありますが、車買取の業者に一括で査定をしてもらって、より高く評価をしてもらうことができるところに出すというほうがより高値で取引をしてもらうことができる可能性が高いのです。販売店の下取りというのは次に購入する車の値引きとの線引きが難しかったり、その販売店のメーカーとは違った他社の車であれば、低く評価されることもあったりするので、損をしてしまう可能性もあるのです。
その点、車買取の業者で車査定をしてもらうことで、メーカーに関係なく、その車の需要と供給の関係で相場から査定額が決められるので、良い条件で取引できることが多いのです。ですから、メーカーに関係なく、良い形で車査定をすることができるのは車買取業者による査定になるので、それを知ったうえで取引をするといいでしょう。

車査定を左右する年式、平成と昭和の目安を知る

車査定において、買取価格を大きく左右するものの一つにクルマの年式があります。年式が古くなればなるほど買取価格は下がっていきますが、車種によってその値落ち幅が大きいものと小さいものがあります。値落ち幅が小さいクルマはリセールバリューが高いクルマであり人気が高いことを示しており、その逆に値落ち幅が大きいクルマはリセールバリューが低いクルマということになり、あまり人気がないクルマを示しています。新車を購入するときは、リセールバリューのおよその目安を知り、それを意識しておくと、クルマを売却するときに良かったと思うことが多く、仮に人気車だからということで値引きが少なくても後から元を取ることができます。

中古車市場で取引されている中古車の多くは平成以降の生産されたクルマですが、中には60年代、70年代の昭和の名車が出回っていることもあります。このようなクルマは、新車のようにきれいにレストアされていることが多く、車査定額でもプレミア価格がつき、高値で取引されています。ただレストアにかかる費用も高額ですので、古いクルマを維持するには、相当の費用が必要になります。中古車の魅力の一つは、このような様々な年代の様々な車種を見つけることができることです。

車査定時までに用意しておくべき書類とは?

何らかの理由でこれまで大事に愛用してきた車を処分する必要性が生まれた時、廃車でも下取りでもなく買取り扱いを選択すると中古買取業者などに思いがけない高値で売却できる可能性もあります。

こうして売却する際にはまず、事前に予約を入れて、自ら店舗に車を持ち込んだり、あるいは業者の専門スタッフの来訪によって車査定を受けなければなりません。場合によってはこの時に算出された車査定額にてすぐに合意が取れ、その流れですぐに契約手続きに入るケースもありますので、できれば車査定時にはきちんと必要書類を用意しておくことが重要です。

具体的には、自動車車検証、自賠責保証証明書、自動車税納税証明書、リサイクル券、印鑑登録証明書などが挙げられ、もしも車検証がなくなった時には管轄の運輸局にて再発行手続きを行い、自賠責保険に関しては保険会社に相談を、さらに納税証明書は各都道府県の税務局に再発行依頼を行うとスムーズに対処が可能です。また引越しの多い人は印鑑登録と車検証の住所と異なることがあるでしょう。その時には住民票の提出が必要です。また二度以上の引越しを行っているなら、戸籍謄本の附票など引越し先の紐付けが行える書類の提出が求められます。

これに加えて、委任状と譲渡証明書も必要ですが、これらの記入用紙に関してはお店側で用意してもらえますので、それに署名、捺印の上、提出すると良いでしょう。

まずは、本題へはいるまえに、「あなたは愛車の価値を把握してるか?」についてまとめましたので、オーナーの方は是非気軽に読んでみてください。「今乗っている車って売るとしたらいくら位になるんだろう?」と疑問に思ったこともあるんではないでしょうか?

特に車検のタイミングなどでは自分の愛車について見つめ直すことも多いでしょう。

車を手放したい、手放すかどうか悩んでいる…こんな時、大切なのが「自分の車がいくらで売れるか?」ということです。

そして、「少しでも高く売るということ」になります。

そこでここでは、車のだいたい価値=査定額を調べる方法、車の査定額を調べる際に知っておくべき注意点、査定額を上げるためにすべきこと…について解説します。

車のだいたい価値=査定額を調べる方法

車検や6ヶ月点検などが近づくとふと思うのが、前述したように「車の査定額」ではないでしょうか?

ここでは、簡単に知ることが可能な2つの方法を紹介します。

<簡単にすぐ調べたいなら一括査定サイト>

とにかく簡単に自分の車がどれくらいで売れるのか調べたいなら「一括査定サイト」が便利。

一括査定サイトであれば、複数社の車買取業者に一度にまとめて査定依頼をできます。

通常は、近所の中古車販売店へ車を持ち込んで査定…というケースが多いですが、一括査定サイトを利用することで、手間と時間を省くことができます。

しかも無料でスマホですぐに車のおおよその価格を知れるのがポイント。

車をスグに売りたい人にとってはとても重宝する一括査定サイトですが、「まだスグには売りたくない、単純に今売ったらどのくらいの価格なんだろう?」という利用方法でも大丈夫です。

<愛車と似ている車の査定額を知れる中古車販売サイト>

自分が乗っている車を調べて、そこから大体の査定額を知れるのが「中古車販売サイト

サイトでは、車のメーカーや車種、グレードや年代、走行距離などを入力して検索ができるので、検索項目を増やすことで、より自分の車に近い査定額を知ることができます。

限定車、ディーラー純正オプションをつけている車は一般的な査定よりも高額になることがありますので、調べる際は検索項目に必ず含めます。

中古車販売サイトに掲載されている販売価格から、買取業者の利益10~30万円(買取店や車種でも変わります)を引いた価格をおおよその査定額としてみておきましょう。

車の査定額を調べる際に知っておくべき注意点

これまで、おおよその車の最低額を調べる方法について紹介してきましたが、以下では調べる前に知っておきたい注意点についてお伝えします。

<実際の査定額よりも低い可能性も>

実際に自分の車を査定に出した場合、事前に調べていた査定額よりも低く見積もられることがあります。

この理由としては、実際の買取業者の査定では次の項目を確認が確認され、車の査定額を下げる要因になるからです。

車の凹みや擦り傷、メンテナンス履歴、故障や修理、事故歴、経年劣化の進み具合etc

もちろん、買取業者も利益を多く取りたいので、車の査定額を低く見積もっているケースもあります。

ですが、価格交渉を行うことで結果として査定額がUPすることはありますので、おおまかな査定額より大きく下がる場合は、注意しておきましょう。

<時期によって査定額も変動>

実は車の価格は、買取価格を調べる時期によっても変動があります。

中古車市場は特に1~2月と7~8月に買い取りの需要が高まります。

特に最も中古車の需要が高いのが3月と言われています。4月からの新生活で3月に車を探す人が増えます。

そのため業者はこれを想定し1~2月に車を多く仕入れるので、1~2月の車査定額が自ずと高くなるというわけです。

7~8月の場合も同様の理由で9月頃に転勤や転職が増えるためと言われています。

査定額を上げるたにすべきこと

査定時は、様々な要素がみられて査定額が決定されます。最低限の知識を持ち査定時は「少しの手間をかける」ことでも査定額アップも可能となります。

<複数業者への査定依頼をする>

既にお伝えしておりますが、査定額を上げるためには、1社だけではなく複数の買取業者への査定依頼を出すことが重要になります。

よくある、後悔として近所の業者へ持ち込んで車を査定してもらいそこで売却までしてしまうこと。

他の業者へ査定依頼をする面倒くささ、査定してもらった義理立てもあるでしょう。

しかし、これでは絶対に後悔してしまいます。最低でも3社に車の査定依頼をしてもらいましょう。

少しでも多くの査定額を比較しなければ高く売るという目的が達成できません。

<車はできるだけ清潔に>

査定前はできるだけ、車の状態をキレイにしておきましょう。

ボディや車内の汚れはもちろんですが、特に査定士の印象を左右してしまうのが車内の匂いです。

タバコや芳香剤の臭い、またペットの匂いなどは査定前に急いで掃除をしてもなかなか消えません。

これらの臭いにより、査定額を数十万円単位で落としてしまう可能性もあるので常日頃から車に臭いがつかないよう気をつけておくことが大切です。

車の買い替えでつなぎ期間に損する3つのパターン

車の購入にはお金がかかりますから、なるべく無駄な出費はしたくありませんよね。

購入や売却に関する費用は考えても、納車日までのつなぎ期間の出費は見落としがち…。

そこで、つなぎ期間で損してしまうパターンを3つ紹介します。

1. 車の売却日を延期する

納車日まで車がないと困るからといって、今乗っている車を売却する日を納車日まで遅らせるのはやめましょう。

中古車の価格は売却時期によって変動するため、売却日を遅らせると買取価格が下がってしまう可能性があります。

その他にも、つなぎ期間に走行距離が増えたり、車に傷を付けてたりすると、買取価格が下がってしまうこともあります。

2. つなぎ期間が自動車税の支払いや車検のタイミングと重なる

つなぎ期間に自動車税の請求が来たり、車検のタイミングと重なったりすると、車を売却する直前で大きな出費をすることになります。

軽自動車税には自動車税の還付金制度がありませんので、あとから返って来ることはありません。

車検は切れたままでも売却はできますが、査定額が下がってしまう可能性があります。

車を買い替える時は、税金の支払い時期や車検のタイミングを確認しておくとよいですね。

3. レンタカーやカーリースでつなぐ

車を売却してから納車日までレンタカーやカーリースでつなぐ方法もあります。

しかし、レンタカーの相場は1ヶ月利用で普通車なら10万円ほど。ワンボックスなどの家族で乗れる大きめの車は、20万円ほどかかる場合もあります。

つなぎに20万円使うなら新車にオプションを付ける方が良いですよね…。

節約を考える場合、レンタカーやカーリースを納車までのつなぎに使うのはおすすめできません。

車の買い替えのつなぎ期間は買取業者から代車をレンタルしよう


実は車を売却する時、買取業者から代車を無料でレンタルできます。

レンタカーやカーリースをするよりも、つなぎ期間がお得に過ごせますよ♪

※代車レンタルを有料オプションとしている業者もいるので、事前に確認しておきましょう。

以下で紹介する方法で車を買い替えれば、さらにお得に新車に乗りかえられます!

愛車を高く売ることが新車を安く購入できる秘訣

車の買い替えで重要なのは、「いま乗っている愛車をいかに高く売ることができるか?」です。

できるだけ高く売却して、新車の購入資金にあてることで費用をグッと安く抑えましょう。

今、車が高く売れる絶好のチャンス!世界的な半導体不足で中古車市場が高騰してるんです。

愛車を高く売る為に…絶対にしてはいけない事
愛車の相場を調べもせずに新車購入時にディーラー下取りに出してしまう。
まず、愛車がいくら位で売れるのか相場を知る事からはじめます。

そして、ディーラーで下取りはしない事です。

買い替えがスムーズで手軽だからと、お客様の7割はディーラー下取りをします。しかし、実は大損をしているんです。

ディーラー下取りは、あくまで新車を購入する前提での「引き取り」の為、買取相場が反映されずに安くなります。

しかし、車買取店では買い取った車を再販売して利益を出せるので、ディーラー下取りより高く売れるわけです。

愛車の相場を把握せず、簡単だからとディーラー下取りに出してしまうだけで、数十万円以上も大損をしている可能性が高いです。

…こんな話、ディーラーでは絶対に教えてくれません。。

下取りには出さず、逆に車買取店で相場よりも高い価格で愛車を売却できれば…カッコいいオプションを追加できたり、1ランク高いグレードの車にできたりと、新車選びも楽しくなりますよね^^

車の買取ってどこに出せばいいのか?

ここまで読んでくださった方であれば、以下のようなモヤモヤした疑問があるのかもしれませんね。

愛車の相場ってどこで調べるのが正解?
車の買取りってどこに出せば安心?
高く買い取ってくれる買取店が知りたい

でも、ご安心を!

全ての疑問が解決できて、しかも愛車が最高額で売れる可能性が高い方法があります。

3割の、知っている人だけが利用して得をしている便利なサービスがあるのでシェアします。

愛車を高く売るなら、真っ先に使うべき【無料】サービス

車の価格を調べる(=査定)といえば、どんな方法を思い浮かべますか?

注意!!ネットの相場表は古い
ネット上で車買取りの相場表はみれますが、情報が古くリアルタイムで更新されていないサイトが多い。

これまでお話してきましたように、近所の中古車買取り店やディーラーではないでしょうか。しかし、繰り返しになりますが…それでは確実に損をしてしまうんです。

今、わざわざ出歩かなくてもスマホで簡単に愛車の価格が知れてしまいます。

それが、

ナビクル 」という車の最高額がすぐに分かるサービスです!

45秒で愛車の価格を無料で知る!
≫下取りより数十万円高い価格がつくことも≪

ナビクルの特徴

・ナビクルの利用は完全無料

45秒で査定完了⇒車の価格がすぐ分かる

査定は最大10社、大手優良業者ばかり

下取りより高い値段がつきやすい

・最大10社で比較するから最高値がわかる

入力も簡単な質問に45秒回答するだけ。

するとナビクルが提携している車買取業者へ情報が送信されて査定がはじまります。

複数社が査定をして競い合いが起きるので、査定額がどんどん上がります。

結果、愛車の最高価格を知ることができます。

⇒ (45秒)今すぐ車の最高価格を調べてみる

ナビクルの口コミ


何度もやり取りは面倒だから同じ日時で5社一気に査定。名刺の裏に金額記入で入札形式でした。30万円も差が出てびっくり!ディーラーで下取りしなくてよかった。一括査定してみるもんだな。

最初は買い替えを決めていたわけではなく車がいくらなのかを知りたくて利用しました。ディーラーでは売値40万が、3社から見積もりをとったら1社が80万で倍提示。1日検討して買取りをお願いしました。

車を売りたくてはじめて一括査定申し込んだ。一気に電話がかかってきたけど営業マンとのやり取りや断るのも苦じゃなくあっさりだった。査定額はほぼ同じくらいだけど、一社が高値で見積もり出してくれて、73万でそこに決めました。

\あなたの車の最高額はいくら?/▲45秒後スグに愛車の売値が分かる▲

愛車がいくらで売れるか調べてみた

ちなみに、私もヴェゼルをナビクルで査定!


4社の査定を受けて、最高査定額は163万円
(ちなみにディーラー下取りだと100万円
その差、63万円!
(※査定額は車の状態や査定時期によって変動します)

子どもが生まれてSUVにしましたが、2人目ができたキッカケで思いきって広々ゆったり乗れるアルファードに乗り換えれて本当によかったです。

浮いたお金でシートのグレードもあげたら、「座り心地がいい」と両親も喜んでくれてます♪

下取りに出す前に!まずは、愛車の査定だけでもしてもらう事をオススメします。もちろん査定額に満足できなければ売らなくて良いので安心。車がいくらなのか?知りたいというだけでも査定してくれます^^
車購入者の7割以上の人が下取りに出して大損しています。

⇒【完全無料】たった45秒
ナビクルで愛車の価格を確認する

【45秒】ナビクルで愛車の最高額を知りましょう

利用は簡単45秒で完全無料です。

愛車を売るかは査定結果をみてからでOKです。

使うと使わないとでは、車購入資金に数十万円の差がでてしまいます。


・業者をいくつも周る手間がかからない

・一度に複数の値段比較がすぐできる

・下取りより平均22万円以上もお得に

 

売却する、しないも査定額をみてから判断できるので安心です^^
車の価格を調べるだけでもOK

中古市場がアツい今の内に愛車の価格を調べてみて下さい。

専門知識もないし中古車の価格って素人にはわかりませんよね。どうしても買取り側が有利なところがありますからディーラーに相場より安く下取りされたり、悪徳な買取業者に売ってしまい後悔するハメになりがちです。ナビクルのような一括査定サービスを使って、大切に乗ってきた愛車を賢く高く売ってくださいね。

※一括査定 = 売却では無いので安心してご利用ください。

\あなたの車の最高額はいくら?/▲45秒後スグに愛車の売値が分かる▲